リビドーロゼ 香り

リビドーロゼの香りは数時間経つと?

リビドーロゼはベッドタイムに合わせて香りが変化するという不思議な香水です。

 

 

つまりセックスの最中に香りがどんどん変化していくということ。

 

 

 

 

香りが変化する香水ってのはなかなかめずらしい香水ですよね。

 

 

ではリビドーロゼの香りが何故変化していくのか?

 

変化することで得られる効果とは?

 

 

このあたりを詳しく説明していきます。

 

 

リビドーロゼの甘い香りで男性もイチコロ

 

 

 

リビドーロゼというのはそもそも男性をその気にさせるフェロモン香水です。

 

あなたのことを意識させるために使う香水ですよね。

 

 

つまりリビドーロゼの香りで男性がムラムラしてくれないと意味がないってことです。

 

まあムラムラまではいかなくてもあなたの香りに興味を持ってもらえればOKですけどね!

 

 

なのでリビドーロゼをつけた瞬間はけっこうきつい香りがします。

 

 

この時の香りがフルーティーベリーの香りなんですね。

 

ちょっと香りがきつい感じはしますが、このフルーティーベリーは男性の嗅覚を刺激するのに最適というわけです。

 

 

 

セックスの前に使うと前戯の時にこの香りが効果的なんですね。

 

 

何故かというと、前戯というのはやさしくもあり激しく責めてもらいたいって気持ちがありませんか?

 

 

男性が興奮すればするほど激しい前戯が期待できますからね。

 

そうなればあなたの興奮度もどんどん上昇し、お互い気持ちいがいいセックスができますよね!

 

 

前戯が終われば次に挿入になりますが、その時のリビドーロゼの香りはフルーティーフローラルの香りへと変化しているんですね。

 

 

フルーティーフローラルの香りというのは、フルーティーベリーよりかは香りが弱いのですが、それでも男性の興奮を持続させるのには効果的な香りです。

 

 

そしてセックスが終了している頃にはリビドーロゼはフローラルの香りへと変化しているんですね。

 

 

このフローラルの香りというのは一言でいうと落ち着く香りです。

 

 

 

男性は終わった後というのはやはり気持ち的にも体力的にも落ち着きたいと思う時間帯です。

 

その時に強い香りが持続していると気分的に落ち着くことができません。

 

 

男性を落ち着かせるのに最適な香りというのがフローラルの香りというわけです。

 

女性としても終わった後は男性にくっついて落ち着きたいと思いますからね。

 

 

このようにリビドーロゼは

フルーティーベリー⇒フルーティーフローラル⇒フローラル

 

といった香りの変化が生まれる香水なんですね。

 

 

リビドーロゼの香りが持続するのは2時間!

 

リビドーロゼの香りが持続するのは約2時間ほどです。

 

つまり2時間の間に香りがどんどん変化していくということです。

 

 

この2時間というのには理由があって、セックスにおける時間に関係しているんですね。

 

日本人のセックスって時間がどれくらいかかるのかというと平均で約90分と言われています。

 

90分というのはベッドに入ってからの時間ですよ。

 

この90分の間にリビドーロゼの香りが変化していくというわけです。

 

 

そういう意味ではセックス時に使う香水としては効果的ですよね!

 

 

でもリビドーロゼはその香りのよさから普段用に使っている方もけっこういるんですよね。

 

普段用に使うのであれば、香りの持続時間がちょっと短いかなって思いますけど、つけ足しすればまあ気にならない感じですね。

 

 

あなたはセックスの時って香りを意識したことがありますか?

 

多くの方は自分からイヤなニオイがしてないかどうかは気にしていますが、いい香りがしているかは気にしていません。

 

 

いい香りがしている女性の体を愛撫するのって男性からしてみれば興奮する以外のなにものでもありませんからね。

 

まあたまに臭い方が興奮するという変わった方もいますが…

 

 

香り一つで男性の気持ちがコントロールできるのならぜひ使ってみたいと思える香水ですよね。

 

 

激しいセックスがしたい!って思っている方は一度香りを意識するようにしてみてくださいね!

 

香り一つでマンネリなセックスになるか激しいセックスになるかが変わってきますよ^^

 

【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

 

page top